Brand Philosophy

アートを身につける歓びを、ESTARTEで

世代から世代へ敬称されてきた日本の伝統的な技と新しいテクノロジーの融合から生まれたアート

ESTARTE(エスタルテ)はEST=EAST(東)とARTE=ART(芸術)を組み合わせた造語です。東洋の果ての地である日本の芸術品を世界に向けて発信していく、という想いが込められています。私たちのミッションは、本物を知る人のために真の価値を提案すること。そして日本独自の美意識への回帰と、それらを現代、未来に継承していくことにあります。伝統を守るとは常に変化させること。世代から世代へ受け継がれてきた日本の伝統技術をそのまま伝えるだけではなく、現代テクノロジーなどを取り入れることで従来のものを進化させ、伝統的なアート性とモダンなファッション性を融合し、新しい芸術へと昇華させていきます。ESTARTEは芸術を愛する人々の自己表現を可能にするのです。

THE THRILL OF WEARING ART

Art born from the fusion of traditional Japanese techniques passed down through the generations and new technology

“ESTARTE” is a word coined from combining the Italian words for East (Est) and Art (Arte). At the heart of this word is the “desire to spread the art from the most distant land in the Far East, Japan, to the world.” Our mission is to propose its true value to individuals who recognize genuine art. Turning back to Japanese unique aesthetic sense, we deem having the tradition carried on by future generations a matter of the utmost importance. Tradition refers to a series of innovations. ESTARTE has embodied the fashion of traditional Japanese techniques with the latest technology in the innovative, modern style of our bags and accessories. For any and every art loving individual, the acquisition of such an item would be an expression of personal style.

Design Source

ESTARTE : デザインソース

ESTARTEは「光の芸術」

遊びごころのある光を演出するESTARTEのデザインの源は「伝統と革新の融合」。和敬清寂が凝縮された茶道や、寺院や神社のように直線と円のコントラストでなりたつ伝統的な日本の建築様式、そして幾何学的な性質を持ち合わせる折り紙。日本の伝統と文化には世界に誇れる美しいものや興味深いものがたくさんあります。ESTARTEは、その日本的な感覚を持ちつつ、現代テクノロジーを用いた設計及びモダンなデザインを融合させ、新しいラグジュアリーを生み出しています。

ESTARTE : Design source

ESTARTE is “ THE ART OF LIGHT ”

ESTARTE’s dramatic but playful designs are born from the fusion of tradition and innovation. The concentrated harmony, respect, purity and tranquility of the Japanese tea ceremony. The contrast of straight lines and curves in the traditional architectural style of Japan’s shrines and temples. The geometric quality of origami folded paper. Japanese tradition and culture harbors a wealth of beautiful and interesting elements that are the envy of the world. ESTARTE creates new forms of luxury that blend traditional Japanese sense with modern design and technology.

Icon

ICON : 茶器/急須

経済産業大臣指定伝統的工芸品の南部鉄器の急須をイメージして作られたESTARTEのアイコンアートピース

約400年前より保護育成されている南部鉄器の急須をモチーフにしたアイコンのアートピース。この伝統的な工芸品は、「湯を沸かす」という茶事における道具としての目的を達成するために、最も機能が発揮できる簡素な美しい形状で作られています。斬新な型を打ち出したボディに合わせた急須の持ち手のように自立した立体的でアーティスティックなアルミ製のハンドルは、3Dプリンターを用いてこそ形成できるデザインです。

ICON : TEAPOT

Nambu Cast Ironware pots, emblems of Japan and motif for iconic products of our brand.

We have completed art pieces to be reminiscent of Nambu Cast Iron Pots which have been preserved for approximately 400 years. As traditionally craed pieces, Nambu Pots were used in tea ceremony to boil the water or yu o wakasu in Japanese and are made with a simple yet beautiful form. e ESTARTE Icon Bag is a representation of that form. On its avant-garde body is a geometrically exquisite handle evocative of that of a pot. is particular design was accomplished utilizing a 3D printer.

Traditional Skil

金沢の箔製造技術と京都の箔装飾技術の融合で生まれた新しい伝統技術

金沢の縁付け・箔製造技術

金箔は、最古の表面装飾素材です。その中でも日本の金沢は国内金箔の98%を生産しており、1000年以上続く伝統の技を守ってきました。現代は、「立切」と言われる打ち上がった金箔を和紙(合紙)と交互に重ね、約500~1,000枚をまとめて縁を断ち落として仕上げる量産型が主流になりつつある中、金沢だけでできるのが金片を挟んで打ち延ばし、約6か月間ものあいだ手間暇かけて仕込んだ手漉きの雁皮紙(和紙)を箔打ち紙に用いる、という古来より引き継がれる製法で作られる「縁付け(金箔)」です。箔打ち紙は製箔の要とされており、精巧で美しい金箔を生み出すために、職人は丹精を込めて仕込みます。味わい深く繊細な箔の表情を最大限引き出すため、純金にわずかな銀と銅を加えた合金を澄職人が薄く打ち延ばし、10,000分の1㎜程度まで丁寧に叩解します。最後に1枚ごとに和紙(間紙)にうつして仕上げ。この製法によってつくられた金箔はしなやかに、そして質が高く繊細な輝きを放ちます。

GOLD LEAF FROM KANAZAWA

Gold leaf is a decorative foil-paper material that has been present in Japan for many generations. In particular, 98% of Japan’s gold leaf manufacturing is said to come from the city of Kanazawa in Ishikawa prefecture. Today, the traditional techniques have been upheld for more than 1,000 years. e Entsuke (a type of gold leaf) which ESTARTE utilizes is made through the age-old practice of hammering out a gold nugget until it is ultra thin and spreading it onto a plain sheet of wa-shi. In order to realize maximal expression of the delicate features unique to the foil, the cr

京都(西陣)の伝統工芸士・箔装飾技術

金沢の製箔技術に対して、装飾応用の技法は京都・西陣が中心となり古くから、箔装飾が盛んにおこなわれ、西陣織りにも使われる豪華な模様箔の技法が発展してきました。日光東照宮の陽明門など国宝の修復にも用いられた伝統的で希少性の高い職人技がこの地には息づいています。その金銀糸用のきらびやかな箔紙の装飾加工技法を皮革に定着させたのが、ESTARTEのコレクションに使用した箔装飾レザーです。京都でも屈指の伝統工芸士が、箔が擦れたり剥がれたりすることのない、安定した定着性能を発揮する樹脂塗料剤を開発し、コーティング剤の的確な選択と吟味を経るなかでその技術を確実なものとしてきた匠の技を応用して生まれたものです。私たちは多彩な技を用いて造りだすこの素材を、世界に類のない奥深い美を感じられるデザインに落とし込むことで、日本の伝統文化を新しい芸術へと発展させていくと自負しています。

DECORATION BY GOLD LEAF FROM KYOTO

Nishijin, an area of Kyoto, further advanced the manufacturing techniques for gold leaf decoration. ese techniques have been employed in plastering in Nishijin for centuries and are also used in the brilliant Nishijin-ori brocades. Time-honored and exceedingly rare, the gold leaf techniques were also said to have been utilized during the restoration of national treasures such as the Yomeimon Gate at Nikko Toshogu Shrine. e pioneer of combining these practices with leather work is the Gold Leaf Leather found in the ESTARTE collection. In Kyoto as well, prominent traditional cra smen are attempting to develop a more stable adhesive with greater resistance to the wearing and peeling of the foil, and extensive efforts have been made to select a proper coating agent. By way of circulating this material internationally, the culmination of various techniques, as part of an unparalleled collection, we have every confidence that Japan’s traditions which transcend culture and become art will be imparted to the world .

Matelial

縁付(金箔)
Entsuke (gold leaf)

日本の金沢は国内金箔の98%を生産しており1000年以上続く伝統の技を守ってきました。中でもESTARTEが使用している「縁付け(金箔)」は、金片を挟んで10,000分の1㎜程度まで丁寧に叩解し、箔の出来を左右する箔打ち紙は職人が約6 か月間ものあいだ手間暇かけて仕込んだ手漉きの雁皮紙(和紙)使用する古来より引き継がれる製法で作られたもの。最後に1枚ごとに和紙(間紙)にうつして仕上げます。この製法によってつくられた金箔は質が高く繊細な輝きを放っています。

定色(金箔)
Sadairo (gold leaf)

金箔よりも純銀の配合率が高めで、シャンパンゴールドのような淡い色が特徴。プラチナ箔が存在しなかった頃、屏風や襖絵などにおいて月や鳩の羽色を表現するのに使われていました。

銀箔・焼箔
Platinum leaf

高級かつ非常に硬いプラチナを用いた箔(白金箔)。この箔を打ち立てる職人は日本では現在1名だけになっており、とても希少価値のある箔です。色目は銀色ですが、銀箔と比べるとより重厚感のある風合いになっています。

銀箔・焼箔
Sadairo (gold leaf)

銀箔は”酸化する”という特性を持つ素材です。ESTARTEでは金沢でしか生産されていない銀の美しさをそのまま生かした銀箔レザーは、年月とともにその風合いを変えていきます。また、「焼箔(やきはく)」と呼ばれる銀箔を亜硫酸ガスで特殊処理することで、赤色(赤貝箔)、青色(青貝箔)、黒色(黒貝箔)など、落ち着いた輝きと深みのある色とりどりの箔も銀箔の種類のひとつです。

銀箔・焼箔
Doro leaf (doro finishing)

ベテランの技術者が細かく裁断された箔を接着させたESTARTEならではの箔。軽々と擦れたり剥がれたりすることないようオリジナルの接着剤を開発し、通常の4倍もの箔を使用しています。単色の瀞箔は凹凸感のある上品な雰囲気に、様々な色の箔を掛け合わせて造りだされたマルチカラーの瀞箔は豪華絢爛な風合いにそれぞれ違った魅力を発揮しています。